「猫」カテゴリーアーカイブ

猫の横顔

みゃあちんみゃあの寝顔を見ながら「ほんと幸せそうに寝てるな・・・」と毎日ほのぼの見ていた。

数か月たった頃ふと気がついた。

猫って横顔はいつも笑っている、という事。

猫って正面から見ると真顔なのに横顔は笑って見える。。。。

知らなかった。
そして軽くがっかり・・・

ちぇ~~~

覚えてるよ・・・

みゃあちんみゃあちんは高いところにぽん、と置かれるのが嫌いだったようです。

知らずに階段の上に置いて写真を撮ろうとしたところ、ものすごい勢いで叫び始めた。

ごめんよ。

今年旦那も一緒にお出かけした時、みゃあと出会った場所を通りかかった。

とたんに私の肩の上から、その場所を振り向きながら、ものすごい勢いでしゃべり始めた。
「ふにゃにゃにゃにゃにゃ・・にゃんにゃんにゃん?にゃにゃにゃにゃ、なおん・・」

休日だったので、家族づれの人たちがたくさん通る中だったが、周りの人も振り返るほどだった。

「覚えてるんだね。」

きっとみんな覚えてるんだね。
嬉しかった事も、楽しかった事も、、、
悲しかった事も。

きっとみんな覚えてるんだね。

飛べ!! みゃあちん!

みゃあちん

来たよ、みゃぁちん。

みゃあちん

行くのか?

みゃあちん

明日へ向かって、ハイ・ジャーンプ!

めざせ、ネコリンピック!

ネコリンピックは、去年だんなが(わたしに)提案した大会だ。

その時は、「はぁ?」とか思っていたが、先日読んだ漫画雑誌でねこりんぴっくが開催されていた。

旦那すごい!

その事を早速旦那に報告したところ、「ねこりんぴっくって、何?」
と返された。

ま、そんな日々だ。。。。

小枝とみゃあ

みゃあ ちょろちょろ動き回れるようになり、わたしの仕事中、ひとりで遊ぶ事もしてくれるようになった頃。

ぱしぱし飛んできた小枝を転がして遊ぶみゃぁ。

あと、バケツから垂れ下がったミスカンサスの葉をぽむぽむたたいたりして遊んでたっけ・・・

うまいこと遊ぶよねぇ・・・

でもそのタイムリミットは1時間くらいだったね。

さてさて、今のうち・・という感じの2007年夏でしたぁ。。。

みゃあ

あ、、みゃあちん!またそんなとこ入りましたね。。。

ねずみとみゃあ

みゃあちん ミルク期間が終わり、日中家にひとりで留守番する事が多くなった頃、なんかおもちゃでも買ってあげよう・・と、ホームセンターに行きました。

猫がねずみを好きなのはなんとなく知っていたけど、猫のおもちゃコーナーはねずみだらけ・・・

おもちゃなんだからねずみの形してなくてもいいんじゃないの?

小さなスペースににょきにょきとねずみが顔をだしてるおもちゃとか、正直「キモチワルイ・・」とか思ったし、こんなのうちのみゃぁはきっと興味ないんじゃないかな・・と思いつつ・・・世の中の猫さんはこれで遊んでるんだから、郷に入れば郷に従うナリ(?)・・とにょきにょきねずみが顔を出してるおもちゃを1pack買って帰りました。

玄関にお迎えにきたみゃぁに、恐る恐るそのねずみを1匹とりだしたところ・・・

予想に反し、というか、予想外の想定外に、突然かわいいみゃぁののどから、「ぐるるるる・・・」と今まで聞いた事のない声が聞こえ、今にもそのねずみに飛び掛りそうな野生のオーラが見えた。(ような気がした)

唖然、、としていると、そんなわたしに気づいたのか、みゃぁは「はっ」とした様子で、急にお嬢様すわりに戻り、「にゃぁ・・」とわたしに声をかけた。

一度にいろんな事に驚いてしまった一瞬だった。

そして、「猫をかぶる」とは、単なるたとえではなかったという事がわかった。

またひとつ勉強になったyo。

ねずみ時代のみゃぁ

みゃぁ
ねずみくらいのおおきさだった頃のみゃぁ。
このソファから降りることもできなかったし、この頃の行動範囲はざぶとん1枚分くらいだった。

最近はごはんに不満がある時このソファの背もたれの上にすごい勢いで飛び乗り、キッチンのわたしに「フマン!フマン!」と表情で訴えるようになった。。。。
「ナンデコンナシウチヲスルノ!」
くらいの顔なのだ。

わがままはだめです。今日のごはんはそれです!

最近ではおさしみもちょっと鮮度がおちると「ウエ・・・」という顔をするようになった。

ひろくんを見てごらん、ちゃんと晩酌のお供にそのおさしみ食べてるじゃない・・・ne

笑ってる?

みゃあちん

只今助手席にてお食事中?。

運転中はミルクをあげられないので、哺乳瓶に角度をつけて、自分で飲めるようにしてました。

これは実は寝てます。

これで寝るんです。すごいですねぇ・・・

いったい何の夢をみてるんでしょうか・・・

アッ、ソウ・・・

みゃあちんアッ、ソウ・・・

みゃあちんアソンデクレナインダ・・・

フウウン・・・アソバナインダ・・・

みゃあちんジャ、コンナコトシテミタリ・・・

みゃあちん

ハシッテミタリ・・・・・

!みゃぁ!

ほんとは興味無いくせにこんな事をします。

でも、1度だけランプアイが水槽の外にいた事がありました。

みゃあが「ちぃ・・・・」と見ているので、「何見てんの?」と覗き込んだところランプアイが1匹床に寝ていました。

違うよね、みゃぁちん・・・ランプアイが外に出てみたんだよね。

(ランプアイは、無事水槽に戻り元気に泳いでいますが・・・)

違うよ・・・・・・・・・・・ne