「オミナエシ」タグアーカイブ

ススキと女郎花(オミナエシ)の生け込み

ススキと女郎花(オミナエシ)の生け込み
ススキと女郎花(オミナエシ)、吾亦紅(ワレモコウ)菊の秋花材のアレンジです。
あとはお団子・・・

じゃなくて中秋の名月 (^^ゞ

花材:ススキ/ 吾亦紅/ 女郎花/ スプレー菊/ ヘレニウム/ ソケイ/ 

ほおずきと女郎花の生け込み

 

ほおずきと女郎花の生け込み
ほおずきと女郎花の生け込み

女郎花は8月頃に咲きますが、秋の七草。
風情があるからかな・・・
つい忘れてしまう秋の七草↓
「萩・ススキ・桔梗・撫子・葛・女郎花・藤袴」

ススキもそろそろ見かける季節になりました・・・

花材:雲竜柳/ おみなえし/ 唐辛子/8 ホウズキ/ ピンポンマム/ スプレー菊/ エミール

秋の七草

秋の七草のアレンジ
秋の七草のアレンジ

秋の七草ご存知ですか?
答え=「萩・ススキ・桔梗・撫子・葛・女郎花・藤袴」

春の七草は、縁起物としてスーパーでもパックで売られているので身近なイメージですが、秋の七草は、パックで販売される事はまずないので、知名度は低いのかな・・・(今日TVのクイズ番組でやってました。)

恥ずかしながら葛の花ってわたしも実物を見たことはありません。。。(*^_^*)

七草から2種を取り入れてアレンジいたしました。(ちょっと少なすぎですね。)

・・・個人的には、吾亦紅を秋の七草に入れてほしかったと、秋の七草を決めた方に申し上げたい・・・

花材:ススキ・女郎花・吾亦紅・スプレー菊2種・ソケイ

 

とうがらし

カメレオンのアレンジ   この唐辛子は、「カメレオン」という名前がついています。ムラサキ〜黄色〜赤と、ほんとに、一本で、多彩な色を持っています。

やっぱり、秋って、1年で、一番色が多彩な季節だなぁ・・

他花材:コスモス・オミナエシ

初めまして
バリ島にお住まいなんですね。いいですねぇ。。行った事ないですが・・・
石の職人さん・・てすごいですねぇ。わたし、昔に発砲スチロールで、何か作ろうと、ナイフでカシカシ削ってたら、とても小さくなりすぎて、結局捨てた覚えがあります。塊から何か生み出すという才能がないようです。

「とうがらし」つながりで、トラックバックしていただいたのですね。ありがとうございます。
世界はつながってる・・・(^・^)て感じで、感動!
すいません。基本的にアナログ人間なもんで・・

そして、ここに、お返事書いていいかわからないのですが、、、届くのかな?
バリの風景を見に、またおじゃまします!
(@^^)/~~~

うちわみたい・・・

シュロチクのアレンジ
シュロチクの葉は、うちわみたい。。。

スペースいっぱいに広げてみました。こんな雰囲気をだせるのは、シュロチクくらいです。

ダイナミックな感じになるところが、LOVEheart

市場でもあんまり見かけないのですが・・
もっと出てくれないかなぁ・・

他花材:グラジオラス・クジャクソウ・ケイトウ・オミナエシ・アンスリウム・銀香梅

こちらもシュロチク

シュロチクのアレンジ
短く落とした小さめの、シュロチクの葉を使いました。

タニワタリ(葉)を、丸めたり、流したりして、あわせてみました。

同じ葉物(グリーン)でも、色んな形で、おもしろい♪

他花材:ススキ・グラジオラス・リン菊・スプレー菊・オミナエシ

ど〜んと、シュロ竹。

シュロチクのアレンジ
2Mくらいのシュロ竹を、手に入れました♪
珍しい花材を、てにいれた時は、市場からの帰りも、どきどき・わくわく。

2mのまま使えないので、生け込みを置かせていただく場所に合わせて、分解したり、葉を落としたり、結構大変でした。[E:sweat01](幹を取り巻く皮をとるのが、一苦労なのです。自然に編みこまれた皮は、とても、丁寧に、1枚1枚葉っぱの茎を、支えるようにまかれてて・・・職人技です。脱帽。(^^ゞ)

他花材:ススキ・グラジオラス・リンドウ・ピンポンマム・オミナエシ・ダンチク・ロベ