ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ
ヒヨドリバナ

秋の七草、藤袴も見かけるようになりました。

これは「ユーパトリウム」という名ででていましたが、「ヒヨドリバナ」ですね。

フジバカマより先に出回り、花も大きめ。

フジバカマの葉は3つに分かれる切れ込みが入っています。

でも同じ「ヒヨドリバナ属」。

365日の誕生花というサイトを作り始めて科目、属名などを知るようになりました。

植物学、深いですね。

サイトをつくっていて、頭の中が混乱する事もしばしば・・・

とてもじゃないですが、全てを知ることは不可能な気がします。

先日サイトをご覧になったと思われる方からお電話をいただきました。

個展か何かで、藤袴を使いたいとのこと。源氏物語がはやっているので・・

との事でした。

源氏物語もよく知っているわけではないですが、紫式部の枝も今が見ごろです。

たくさん出回っていると思いますので、一緒に使われたらきっと素敵だろうと思いますが。。。

よろしければまたお電話くださいね。

花材:ユーパトリウム(ヒヨドリバナ)/ アワ/ ワレモコウ

コメントを残す