ひまわりと、ガマ

ひまわりと、ガマ

ひまわりと、ガマ  暑くなりました。すでにお昼は30℃を越す暑さ・・・( ̄▽ ̄i)
今日は路地のあじさいも、「梅雨はまだか・・」と、くったりしているのを、何度も見ました。梅雨、どこ行ったんでしょうか。。。

─∞∞─────────────────∞∞─
2週間前、市場でガマを発見。。。夏が来た・・・
「えっ!もうガマ?」と叫んでしまいました。
蒲(ガマ)って、「因幡のしろうさぎ」のお話にでてくるのはご存知ですか?毛皮をワニにむしられたうさぎが、大国主命に教えられ、蒲の穂の上を転げまわって、傷が治った・・というお話。(←かなり簡略(^^ゞ)

昔、蒲の穂につく黄色い花(黄粉)は、止血治療薬として使われていたそうです。
蒲でも、種類にもよるみたいですが、この黄色の粉をすごくたくさんもっている蒲もあります。
わたしは、この活けこみの翌週、因幡のしろうさぎの如く上着や、顔に黄色い粉をつけて北新地をちょろちょろしていました。。。美容にも良かったらいいのに・・・(゜-゜)

花材:蒲・ひまわり(サンリッチレモン)・カラー(Gネットグロー)・アスター・クラスペディア・デュモサ・バラ(ティネケ)

コメントを残す