共存

共存
おわかりになるでしょうか?
赤で、矢印をつけてみましたが、このマンションの壁に添って幹が成長している木です。

ぴったりと、壁に密着するのではなく、壁に平行に10cmくらいの間隔をあけて、見事にマンションと共存してます。1箇所剪定された跡がありますが、ほぼ自分で、この形になったみたいです。(実は、この左側には、建物がありました。それで、太陽を求めてこんな形になったのか・・・とは言え、やっぱりすごい)

話は変わりますが(いつも、脈絡なくてすいません汗)先日うちのベランダに、5cmくらいの、しゃくとり虫みたいな、「何か」がいました。去年、10匹くらいいたのと同じでした。去年は、殺虫剤をまきましたが、1匹だったので、つまんで、捨てちゃおうとしたところ、なんか、頭にちょん、と模様があったり、懸命に、「枝のふり」をしようとしてるのを見ると、急に気の毒に思えてきました。勝手なもんです。
とは言え、放っておいて、増えても困るので、公園かどこかに、逃がしてやろうと、袋に入れて、出かけました。

しかし・・・季節柄、どこも剪定などのメンテナンスが終わったばかりの様で、行けども、行けども、虫を放してよさそうな場所が見つかりません。

気の毒に、ビニールの袋の中では、緊張して、まだ「枝のフリ」をしてる虫と、しばしドライブ。

虫一匹捨てていい場所がないとは・・・スズメなんかの鳥も、虫を食べると思うのですが、いったいどうしてるんだろう。。なんて考えながら、ようやく、雑草の生い茂った場所を発見。草むらに放してやりました。

整備された植え込みは、きれいだし、うちのベランダだって、虫を飼うわけにはいけないですが、虫がいないと困る動物だっていると思うし、あの虫だって、ひょっとして、成長したら、美しい蝶になるかもしれない・・けど・・・(-“-)

共存するには、ちょっとずつ、お互い譲歩しないといけないんでしょうけど、折り合いをつけるのは、意外とむつかしい事ですね。

この木と、マンションの、触れそうで触れない10cmの間隔が、なんだか、うらやましく思えたある朝です。

コメントを残す