透かし百合

スカシユリ
透かし百合もどんどん新しい種類が増えています。ハイブリットと呼ばれる「カサブランカ」や、「マルコ・ポーロ」等とくらべ、安価で、通常のアレンジには大変使いやすい花です。

生産者の方も、いろんな研究をされて、毎年新しい花を生み出してくださってます。ありがたい事です。数年前とは、飛躍的に種類も増えてます。
ただ、、種類増えすぎて、名前覚えられなくなってきました。。。shock
せっかく作ってくださってるのに、、頑張って覚えなきゃいけませんよね。sweat01

ガマ

ガマのアレンジ

ガマの葉も、涼しげで、よく使わせていただきます。丈も、1M以上あるものがほとんどなので、大きなアレンジの時など重宝します。

上方向に流れてる様な感じに・・見えてもらえれば、嬉しいです。smile

他花材:ギガンジウム・アンスリウム・ひまわり・トルコキキョウ・ソテツ

ひまわり

ひまわりのディスプレイ

色んな角度から、ひまわりが、ひょっこり顔をのぞかせているような感じで作ってみました。この、「ひょっこり」ていうのが、個人的に好き。heart

お客様がたくさん通られる場所なので、幅を取らないよう、すっきりとお作りしてます。

初夏

ギガンジウムのアレンジ

梅雨時は、できるだけ、清々しい花入れを心がけます。雨続きの時って、気分もなんとなく湿気てくる(?)気がしますもんね。
お店に入られたお客様が、少しでも、清々しい気分になっていただけるような、軽めのアレンジにしたいと思ってます。
rainrainrain

花材:深山ナンテン・エレンジウム・ギガンジウム・アンスリウム

葡萄のバッグ

ぶどう型のブーケ   指にひっかけて持つタイプです。
バッグ先端には、ビーズのタッセルをおつけしてますので、照明をうけて、ゆらゆら、きらきら・・・

花材:バラ(ティネケ・マダムヴィオレ・)・カーネーション・ナデシコ・リキューソウ

ヤマゴボウ・・・

ヤマゴボウのアレンジ

これって、なんで、ヤマゴボウなんでしょうか?ごぼうって言うよりは、ぶどう、、、な感じなんですが・・・

昔はその辺に雑草にまぎれて咲いてましたよね。今でもたまに見ますが、少なくなりました。大阪市内で、アスファルト以外の雑草が生きる場所自体が少ないですよね。(>_<)

最初市場でこのヤマゴボウ見たとき、「なんでこんなの売ってんのかな・・」と思いましたが、矯正されてない、ごつごつした「節」とかおもしろいし、やっぱ「ぶどう」みたいで、「こんなの、他にないよ!」て感じで、大好きな花材です。。。
でも、唯一の難点。実が熟して落ちると、シミになるので、ジュウタンに落ちそうな場所には使えない。coldsweats02
残念なり・・・

他花材:ストレチア・グロリオサリリー・カーネーション・他

ハナミズキ

ハナミズキのディスプレイ
オープン当日に、華やかな枝物を、、というご要望でした。4月なら、桜など、華やかなものはたくさんありますが、5月半ばを過ぎると、新緑の枝物はたくさんありますが、花のついた枝は、途端に少なくなります。しかも、3M以上の物じゃないと、こちらの店内には合わないsweat01
sweat01sweat01
探し回った挙句、オープン前々日ようやく池田の業者さんがハナミズキを持ってられるのを確認、「ありがとうございます!!」と、(最後の1本!shock高速ですっ飛ばしました!dash
(寿命は多少縮まった気がしますが、bearing])おかげ様で、オープンにふさわしく、豪華な枝を飾らせていただけました。smile

小さな、アレンジ

ムラサキツユクサのアレンジ

むらさき露草です。路地では、5月ごろに咲くお花です。ランの様なちいさな花が、次々と咲きます。

はっぱの使い方が、飛行機のプロペラみたい・・・airplaneairplaneairplane

他花材:クッカバラ・フォックステール

ハナミズキ、開花前。

ハナミズキのアレンジ

ハナミズキはまだ咲きかけです。こんな枝は市場になかなかでません。切ってしまうと、花が咲きにくいから・・という事で、生産者の方は、わざわざ開花させてから、出荷されるそうです。でも、これは、全部きれいに咲いてくれました。smile
ハナミズキは葉と、花が一緒に出てくるので、開花前はただの枝なので、「売れにくいから、、」てのが正解じゃないかと思いますが・・生け込みの場合は、1週間のお約束なので、開花前のを使いたいんだけどなぁ・・ま、その年の気温にもよりますが。。むつかしいですねぇ。shock

他花材:丹頂・菖蒲・ドラセナ・スズラン

夏はぜと、大手まり。

オオテマリのアレンジ
この時期出てくるのが、大手まりや、スノーボールといった、アジサイを小さくしたような植物です。
あじさいと同じく、たっぷりの給水を必要としますが、この季節の変わり目に、みずみずしく、さわやかさを演出してくれるお花です。
春から、梅雨にかけてのこの時期、さわやかなグリーンの色は、欠かせない色です。club

花と猫、時々旦那のブログです。

ページトップへ